Noto Sans Japanese

誰にとっても読みやすく、クセのないゴシック体。ところで、「Noto Sans Japanese」の “Noto” は何に由来するかご存知だろうか? なんと、「no more tofu(豆腐)」 を略したもの*なのだ。
フォントを使用していると時に、対応していない文字が白い四角形(□)で抜けるのを目にすることがある。あの白い四角形が 「tofu」 と呼ばれているのだ。書体から「豆腐」をなくす、つまり世界中のあらゆる言語をサポートすることこそが、「Noto Sans」シリーズの目的なのである。
ゆえに、その日本語版である「Noto Sans Japanese」も、安定した収録文字数を誇る。せっかく制作した歌詞アニメーションも、「豆腐」が目立っては甲斐がない。わかりやすい華々しさこそ薄いが、読みやすく、どんな文字でも表示してくれる「Noto Sans Japanese」は、正に縁の下の力持ち的存在だ。

*出典:https://www.google.com/get/noto/

Noto Sans Japanese

配布元
Google Fonts Noto Sans JP|https://fonts.google.com/specimen/Noto+Sans+JP

ライセンス
SIL Open Font License

収録文字
ひらがな・カタカナ・漢字(JIS X 0208, JIS X 0213, and JIS X 0212, Adobe-Japan1-6)